●洗顔● 泡洗顔はなぜおすすめ?30代からのおすすめの洗顔料とは?

おすすめ 洗顔

洗顔は、小さな頃から行っているものがゆえに、あまり考えず無意識に行っている方も多いのではないでしょうか?

また、クレンジングしたから洗顔はいらないと思っておられる方や、クレンジングをした後に洗顔すると洗いすぎているようで肌によくない気がするから、あえて洗顔はしないという方もおられます。

まずは、30代からの洗顔の基本的知識からお伝えしていきます。

30代からの肌に負担をかけない正しい洗顔方法をマスターしたい方・・・
イラスト付きで洗顔の正しい手順やポイントを解説!
>>【図解付き】●洗顔● 30代からのおすすめの洗顔方法と泡洗顔

 

 30代からの肌にはシンプルで泡立ちの良い洗顔石けん 

米肌【肌潤石鹸】


 

クレンジングしたら洗顔はいらない?

クレンジングと洗顔、どちらも「顔を洗う」ということから、同じだと考えられている方がいらっしゃるかもしれません。

でも、それは大きな間違いです。
クレンジングと洗顔では、同じ「顔を洗う」ということでもその役割が異なります。

クレンジングは「油性の汚れ」を落とすために、洗顔は「水性の汚れ」を落とすために行います。

顔は、常に外気にさらされているため、ほこり、排気やたばこの煙などの汚れにさらされています。
これらの外的な汚れに加え、汗や皮脂、古い角質、メイクアップ料など自分自身から生み出したり、化粧をすることによって加わる汚れが混じり合っています。
これが、顔の肌の汚れとなっています。

この状態を放置しておくと、雑菌が繁殖しやすくなったり、皮脂が酸化して過酸化脂質(※)になったりと、肌へ刺激を与えてしまいます。

クレンジングで全部落としてしまえると思いがちですが、クレンジングは油性であるメイクアップ料などの汚れを落とすためのもの。

外気や汗による水性の汚れには、洗顔を行う必要があります。

そして、朝も洗顔は必要です。
朝は寝ているうちに分泌された汗や皮脂、ほこりなどで意外に汚れがついています。
これらの汚れを落とす目的で、朝の洗顔は行います。

 

おすすめ 洗顔

    • メイクをした日・・・クレンジング + 洗顔
    • ノーメイクの日・・・ 洗顔のみ

朝はいつも洗顔をしましょう。

 

※過酸化脂質とは・・・酸化してしまった脂質のこと。「肌のサビ」とも呼ばれ、くすみやシミ、シワ、吹き出物、たるみ、乾燥の原因になる。

クレンジングについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
>>スキンケアの基本はクレンジングから

 

30代からの肌におすすめの洗顔料は?

固形石けんタイプやクリームやリキッド、パウダータイプなど様々な洗顔料があります。
また、保湿や美白のできるものなどもありますが、あくまでも、汚れをしっかりと落としてくれるものを選ぶというのが大前提です。その他の特徴はプラスアルファ程度に考えましょう。

洗顔は「水性の汚れを落とす」というとてもシンプルなスキンケアです。
自分の使いやすいタイプの洗顔料の中から、泡立ちがよく、シンプルな洗顔料を選ぶことをおすすめします。

そうすることで、次のスキンケアである化粧水や乳液を肌へ浸透しやすくしてくれます。

 

30代からは泡洗顔がおすすめ!

肌への摩擦が最も少ない泡洗顔が、肌への負担が少なく、デリケートな30代からの肌におすすめです。
手と顔の間に泡のクッションを作ることで、摩擦を起こすことなく、汚れを落とすことができます。

洗顔料の泡は、汚れを包み、まき取る働きをします。
そして、泡をしっかり立てることで、この力がより高まります。

しかし、泡の量が多くても、きめの粗い泡では効果が期待できません。
きっちりと汚れを包み、まき取るには、きめの細かいしっかりとした泡である必要があります。

きめが細かくしっかりとした泡の作り方と正しい洗顔の方法はこちらをご覧ください
>>【図解付き】30代からのおすすめの洗顔方法とワンポイントアドバイス

 

 

Sponsored Link


進化した洗うスキンケア 【初回限定半額】【送料無料】