【図解付き】●乳液&クリーム● 30代からのおすすめの効果的な使い方

乳液 使い方

化粧水やクレンジング・洗顔とは違い、乳液やクリームを付ける際におすすめしたい効果的な使い方は、手順も少なく、比較的簡単です。

ここでは、乳液・クリームそれぞれ、30代からのおすすめの効果的な使い方とワンポイントをご紹介いたします。

30代からの肌にはどんな乳液やクリームがよいか悩まれている方や乳液とクリームどっちがいいの?と疑問をお持ちの方・・・
乳液&クリームの効果や役割、どちらを使った方がいいのかなどズバッと解決
>>●乳液&クリーム● 30代からのおすすめの選び方と乳液&クリームの効果とは

 30代からの肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品 

HANAオーガニックトライアルセット


乳液&クリーム おすすめの効果的な使い方とは?

乳液&クリームを使う順番のおすすめは?

乳液 使い方

乳液&クリームは皮脂膜に油分を補う役割があります。
また、油分の多く含む乳液&クリームを先に使うと、その後に化粧水や美容液のような水っぽいテクスチャーのものが浸透されにくくなります。

そのため、化粧水や美容液を使った後、乳液やクリームで肌に油分を補い皮脂膜でカバーしましょう。
30代からの肌がなめらかでやわらかくなりますよ。

乳液 30代からのおすすめの効果的な手順をマスターしよう

手のひらに適量を取る

乳液 使い方

説明書通りの量を正しく使いましょう。

両手のひらで頬から広げる

乳液 使い方

乳液を両手のひらにのばし、頬から広げて全体になじませていきます。

美容液 おすすめ
強くこすらず、やさしく肌の上をすべらせるようになじませましょう。

 

細かい部分も忘れずに

乳液 使い方

目のまわりや口元、フェイスラインも忘れずにていねいにのばします。

乳液 使い方
テカリやすい人は、額や小鼻などTゾーンへは控えめにつけましょう。

 

美肌に逆効果!乳液の使い方 NGポイント

乳液 使い方
力を入れすぎている
肌への摩擦は、角層を傷つけたり、小じわの原因となるため、絶対にしてはいけません。やさしくなじませれば、きちんと乳液としての効果を発揮します。

 

乳液 使い方
テカリがちな部分にたっぷりと使っている
テカりがちな部分は、皮脂分泌が多いということ。さらにそこへ油分を与え過ぎると、皮脂が詰まってニキビの原因になりがちです。

 

 

クリーム 30代からのおすすめの効果的な手順をマスターしよう

皮脂分泌の少ない部分を重点的に

乳液 使い方

適量のクリームを薬指に取ります。

目元や口元の皮脂分泌が少ない部分にやさしくなじませます。
その他、乾燥していると感じる部分にも同じようにつけていきます。

仕上げに、薬指でトントンとやさしくたたくようになじませましょう。

乳液 使い方
こってりしたクリームは油分が多め。30代前半なら目元や口元だけで充分かもしれません。30代後半〜40代以降なら目元や口元の他に皮脂が足りないと感じる部分にも。オイリー肌や乾燥肌など、自分の肌タイプにも合わせてくださいね。

 

美肌に逆効果!クリームの使い方 NGポイント

乳液 使い方
力を入れすぎている
肌への摩擦は、角層を傷つけたり、小じわの原因となったりするので、絶対にしてはいけません。やさしくなじませるだけで、きちんとクリームの効果を発揮します。

 

乳液 使い方
使う量が多すぎる
油分の多いクリームはつけすぎるとテカリの原因になってしまいます。特に朝使う場合は、つけすぎに注意しましょう。

 

 

乳液とクリーム、それぞれの特徴をつかんで30代からの肌に効果的な使い方を!

いかがでしたか?

同じ目的で使う乳液とクリームですが、油分のバランスの違いから、少しずつ効果的な使い方が違います。

最近では、みずみずしいテクスチャーの乳液や美容効果がプラスされたクリームなど、色々な特徴をもった乳液やクリームがありますが、基本的な使い方をマスターしておくと、その商品の特徴に合わせて、より効果的なアレンジができます。

30代からの肌に合う乳液やクリームで、やわらかなくなめらかな美肌を目指しましょう。

 

tezyun1
30代からの基本的なスキンケアの使い方は、これで全てのアイテムを解説いたしました!
チェックしていないものはありませんか?

もう一度確認しておきたいアイテムやチェックしていないアイテムがある時は下記バナーをクリックしてマスターしてくださいね。
スキンケア 基礎知識

 

 

SponsoredLink




アヤナストライアルセット