【図解付き】●クレンジング● 30代からのおすすめのクレンジング方法とポイント

おすすめ クレンジング

30代からの美肌の要のひとつ「クレンジング」

実はこのクレンジング、間違ったやり方をしていると肌にとても負担をかけてしまいます。
ここでは正しいクレンジングのおすすめ方法を詳しくお伝えいたします。

意外と正しい方法できちんクレンジングできている人は少ないので、
きちんとクレンジング方法をマスターして、30代からの美肌を目指してくださいね!

30代からの美肌を目指す方必見・・・
美肌の基本となるクレンジングはとても大切。なぜクレンジングが大切なのか、その効果と役割の全てを解説!
>>●クレンジング● 30代からの美肌のためには正しいクレンジングが絶対おすすめ

オイルやミルク、ジェルなど30代からのクレンジング選びに悩んでいる方・・・
クレンジングの種類別の特徴やおすすめの肌タイプなどを解説。30代からの肌におすすめのクレンジングも紹介しているので、自分にぴったりのクレンジングが見つかります。
>>●クレンジング● オイル?ミルク?ジェル?どれがいい?30代からのおすすめクレンジングの選び方

 

 30代からの肌にやさしい使い心地でおすすめのクレンジング 

チェルラー パーフェクトクレンジングジェル



実際に使用した口コミレビューで詳細をご覧ください
>>やさしい使い心地でおすすめ!チェルラー「パーフェクトクレンジングジェル」

 

正しいクレンジングのおすすめ方法とは

クレンジングはいつするの?

クレンジング おすすめ

メイクをしている時は、必ず夜寝る前にクレンジングをしましょう。

このクレンジングの行程を抜かすと、その後に続くスキンケアに進めません。
それどころか、メイクをしたまま寝ることは、肌へのダメージが計り知れません!
どんなに疲れていても、必ずクレンジングはしてくださいね。

正しいクレンジングの手順をマスターしよう

1. クレンジング料を適量手に取る

適量のクレンジング料を手に取ります。
クレンジング料によって適量が異なるので、添付されている説明書や使用方法などを参考にしましょう。
もし、適量がわからない場合は、サクランボ大を目安にしてください。

497684
使用量は必ず守りましょう!
少なくても落ちているから・・・と使用量を減らしてしまうと、
肌へダメージを与えているかもしれません。

 

2. まずはTゾーンから

スキンケア 基本 クレンジング

額から鼻にかけてのTゾーンに半量のクレンジング料をのせ、指の腹で軽くメイクとなじませていきましょう。

頬から最初にクレンジングしていきがちですが、Tゾーンからはじめます。

497684
Tゾーンは、顔の皮膚の中で比較的強い部分です。
まずはここからクレンジングを行いましょう。

 

3. 次にUゾーンへ

スキンケア 基本 クレンジング

Tゾーンと同様に、クレンジング料の残りの半量を頬からあごにかけてのUゾーンになじませます。

497684
指の腹を使って優しい力で丁寧に。
手のひら全体を使ってゴシゴシとこすってはいけません。

 

4. 最後に目元や口元を

スキンケア 基本 クレンジング

目元や口元など、皮膚が弱くデリケートな部分は最後に行いましょう。
この部分は特にやさしく気をつけながら、ていねいにメイクになじませていきます。

 

5. ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯で、手早く洗い流していきましょう。
こちらも同様に、ゴシゴシとクレンジング料を落とすことのないように、
水と乳化させながらすすぎ落としていきます。
クレンジング料の種類にもよりますが、先に濡れた手でクレンジング料となじませておくと、乳化がすすみ、手早くすすぐことができます。

497684
すすぎは人肌程度のぬるま湯で。
冷たすぎる水だと油分が固まり、汚れが落ちにくく、
熱すぎるお湯は、肌の乾燥の原因になります。

 

 忘れがち部位!ちゃんと落とせているかチェック 

スキンケア 基本 クレンジング

  • 小鼻

小鼻の溝にファンデーションが入りこんでしまっていてメイク汚れが残りがち。
指を細かく上下させながら、やさしくなじませて落とし忘れのないように。

  • 唇の下

唇とあごの間でくぼんでいて、落としにくい部分。
下唇と歯茎の間に空気や舌を入れて膨らませ、指で小さな円を描くようにくるくるとなじませましょう。

 

これだけは避けたい!やりがち NG クレンジングとは

497685
ゴシゴシこする
肌が傷つき、肌あれを起こしたり、小じわの原因にも。

 

497685
クレンジング料をケチる
肌との摩擦が起きやすくなります。

 

497685
クレンジングに時間をかけすぎる
肌のうるおいまで奪ってしまいます。

 

 

適切な使用量で、手早く、やさしく、ていねいに!

いかがでしたか?正しいクレンジングのおすすめ方法がおわかりいただけましたか。

クレンジングは、肌に負担をかけてしまいがちなプロセスです。
だからといって、メイクをする以上外せないのがクレンジング。

肌に負担をかけるのはよくないからと、日中ノーメイクで過ごす方がよいかといえば、
決してそうでもありません。

日中、肌は外気や紫外線など様々な刺激やダメージを受けています。
それらから肌を守るためにもメイクをするのは、決して肌にとってダメなことばかりではありません。

もちろん、必要最小限のメイクで美肌であることは理想ですが、それでもクレンジングは必要。

どんなに良いクレンジング料を使っていても、間違った使い方で肌に余計な負担をかけてしまっていては意味がありません。
正しいクレンジングのおすすめ方法をマスターすることは、良いクレンジング料を選ぶのと同じくらい大切なことです。

適切な使用量で、手早く、やさしく、ていねいに!

これがクレンジングの合言葉。
350074
次のおすすめスキンケア手順は・・・
【図解付き】●洗顔● 30代からのおすすめの洗顔方法と泡洗顔

 

Sponsored Link


スキンクリア クレンズ オイル